若い男性との結婚は気が進まないが中年の男性には魅力的な人がいます

057e_72
二十六歳のOLで、三人姉妹の長女です。私の性格は引っ込象思案で臆(おく) 病で、ノンキでナマケモノで、自分で好きではありません。欲もあんまりありませんが、結婚だけは早くしたいのです。よく翔んでる女性なんて言いますけど、私はその反対なのです。(と) でも、若い男性はこわいし、プロポーズされてもホントの自分をわかってくれているのかと疑問に思っちゃったり、何となくたよりなかったりで、どうしても気が進まないのです。その点、妻子のある中年の男性の中には好きな人がたくさんいます。私のことを本当によく見ていてわかってくれるし、優しいし、私の欠点を叱ってくれるのです。私はそんな人に「奥さんと別れたり亡くなったら、私を嫁さんにして」と言っちゃって、自分でビックリしたりするのですが……。

〈回答〉あなたの心の奥底には、つぎの三つのいずれかがひそんでいるのではないでしょう一つは、父親に対する愛着です。幼いころ、お父さんにたいへんにかわいがられたか(あるいは離別したか)何かで、お父さんを慕う気持ちが潜在し、このため、結婚の相手に父親の似姿を無意識のうちに求めておいでになる、というケースです。自分をごまかさないで、しっかりと自己を凝視し、省察してください。自分自身を見直したら改めて結婚相手を探してみましょう。
「原因はこれだったのか」と、ハタと悟ると、おのずと男性を見る眼が変化してきますし、甘えた心やイージーな考えも消え、バイタリティがわいてきます。

参考: