何回もお見合いをしていますがたよりなく話の内容が貧しい人ばかりです

057h_72

二十四歳の独身OL。銀行にお勤めしていて、もうそろそろステキな男性に巡り合って結婚したいと思っているのですが、十三回ほどお見合いしたのに、私のハートが高鳴る人にぶつかりません。むしろ何か男性が。バカに見えてなりません。男性全部がそんなだとは決して私は思いません。技術者の父を尊敬していますし、高校、大学を通じて幾人も尊敬できる立派な先生を知っています。従兄も公務員ですが尊敬しています。それなのに私の前にあらわれる男性は、なぜか軽々しくたよりなく、話す内容も貧しく、かといって素朴で力強いという人もいません。それでときどき私は望みが高すぎるのか、なんて思ってしまいます。それなら一生仕事をと思っても、私は女の幸せを母のように家庭に強く求めるタイプのようです。相手の悪い所ばかり見ずに、いい所も見るようにと父は申しますが……。

〈回答〉「望みが高すぎるのか」と内省することも、ときどきある、との文面。その望む内容が、一流会社に勤務とか、高い給料を取っていることとか、どんどん出世しそうな人とか、ハンサムな人とかいうのだったら、「いいかげんになさい」と忠告したいところです。しかし、あなたの望みは、そんなのではなく、尊敬できる人柄の人、軽々しくなく、一種の重厚感があり、そういう面で魅力の感じられる人ということですね。それならば、別にレベルを下げる必要はありません。あせって、要求水準を引き下げて、妥協的になるなど、禁もつです。お見合いが何十回になろうと、何歳になろうと、胸を張って押し通すべきです。結婚相手を探しているならこちらがお勧めです。
ただ、ちょっと気になるのは、あなたは、もしかしたら、いわゆるファーザー・コンプレックスをひそませておいでではないか、ということです。父親を尊敬するのはけっこうなのですが、結婚の相手に無意識のうちに父親を投影させ、父親の”似姿”を求めるという”こころのしこり”を潜在させておいでではありませんか。


参考:

お見合い写真を見ても気に入った人がいないのでお見合いをしていません

057i_72

私は二十七歳の独身女性です。私は三人姉妹の長女で、私立女子高校を出て信用金庫に勤め、いまでは入社十年目の古株になってしまいました。私の同級生もほとんどが結婚してしまい、私を含めて独身者はほんのわずか。独身者の中には独立して仕事をもっていて、一生結婚する意志のない人もいますから、売れ残っているのはほんのわずかになってしまい、私もそのうちの一人なのです。母がときどき見合い写真を見せてくれるのですが、目つきが鋭かったり、大酒飲みみたいな顔をしていたり、神経質そうな顔をしていたりで、まだ一度もお見合いまでに至っていません。かといって恋愛なんてできないので、ある西洋星占いの人に見てもらったら「あなたは結婚がかなりおそくなり、ムリしても幸福は得られない」と言われて、がっかりしてしまいました。どうしたらいいのでしょう。私はすごく引っ込み思案です。

〈回答〉「どうしたらよいのでしょう」とのおたずねですが、何もしないで漫然と手をこまねいているのが、最もよろしくありません。結婚したいとお思いなら、実現に向かってお見合いとはいうものの積極的な行動に出ること。これあるのみです。結婚相手を積極的に探すならこちらがお勧めです。
まず、見合い用の写真を撮り、何枚も焼き増しをつくること。この写真と、ふだんのスナップ的な写真とを組み合わせて、あなたのことを親身に案じてくれる親戚、縁者、先輩、知人に手広く配ること。それらの人々が縁談をもってきてくれたら、「とにかく一度は会ってみよう」をモットーとし、かならず実行すること。

出典:出会系 アプリ

不倫中のナイスミドルが最近は言いわけばかり言っています

057g_72


私が黙っていると、きまって「キミにすまない」と言うのがログセです。私には彼からお小遣いもらったり、おいしいものをご馳走になるなどのメリットがあるし、また私は自分が何をしているかわかっています。そして悪いこととは思っていません。もともとが背徳の楽しみなのに、なぜミドルって最後はそうヘンに道徳的になるんでしょうか。

〈回答〉「ヘンに道徳的」と書いておいでですが、別に彼は良心の呵責(かしゃく) だとか、あなたへの責任だとかを感じているわけではありません。正確には道徳的になったのではなく、平凡で通俗的になったと称すべきです。浮気相手の耳に女房の悪口やグチを聞かせるなどは男として最低であって、通俗的と言うより低俗的と言うほうが的確かもしれません。では、なぜそうなったのか。じつは、もともとがそういう男だったのです。あなたとの交際の当初は、背伸びをして、せいぜいいい格好を示していたでしょうが、七ヵ月たってメッキがはげ、無気力で弱気でクタピレた男の地金が出てきた。ただそれだけのことです。また、あなたのほうも”ナイスミドル”などという横文字ムードに酔わされていたのです。こんなカタカナ英語は元来、実体に欠けた唯名的なものにすぎません。それなのに、あなたはそれを一人の人物に投影し、偶像を描いていた。ところが最近、幻影であることが見えてきた、というわけです。不倫ではなく結婚相手を探してみてはいかがでしょうか。こちらからあなたの新たな幸せを探してみてください。

出典元:

夫が自殺したので遠慮なく会えると言われて女の恐ろしさを知らされました

057f_72


三十二歳の独身サラリーマン。多くの友人たち(女性を含めて)と点接点で気楽に優雅に独身貴族の生活を謳歌していて、ゴルフ場でその女性F枝(二十九歳)と知り合いました。そこからドラマが始まりました。彼女は独身ということでその夜一線を越え、私に珍しく線接点の交際となりましたが、それも彼女のナゾめいたあやしい魅力のせいだったのでしょう。その彼女から先夜遅く電話があり、夫が自殺したと告げられ、ゴルフ仲間と通夜にちょっと顔を出しました。彼女は私を隅に呼んで「これで遠慮する人もいなくなったわ」とケロリと言うのでした。一瞬私は彼女が”魔物”に見えるほどの恐ろしさを覚えました。私は彼女の魅力に負けて、柄にもなく独身貴族を放棄して彼女との結婚を考えていただけに、たいへんなショックでした。魔性の女とでも言うのでしょうか。といって彼女から離れられない自分に苦しんでいるのですが……。

〈回答〉三十二歳にもなって、女性鑑識眼も未熟なら、人間的成長も遅滞しておいでですね。そんなふうにフワフワ、ウカウカと日々を送るのは、はたち代で卒業していなければなりません。いくら寿命が延び、人生八十年時代になったとはいえ、極楽トンボでありすぎます。せっかくの”独身貴族”なのですから、退社後、何かを勉強するとか、エキスパートを目ざすとか、新たな資格を狸得するとか、広い意味の教養を培うとか、有意義に使うよう、お勧めします。「気楽に優雅に謳歌」と書いておいでですが、現状は、「軽薄に無計画に挽か歌」を奏しているだけです。この事実を痛烈に自覚してください。”魔もの”に見えた、魔性の女だ、とのこと。新たな出会いで心身共に鍛え、支えてくれる相手を探すのも一つの方法です。

出典元:

若い男性との結婚は気が進まないが中年の男性には魅力的な人がいます

057e_72
二十六歳のOLで、三人姉妹の長女です。私の性格は引っ込象思案で臆(おく) 病で、ノンキでナマケモノで、自分で好きではありません。欲もあんまりありませんが、結婚だけは早くしたいのです。よく翔んでる女性なんて言いますけど、私はその反対なのです。(と) でも、若い男性はこわいし、プロポーズされてもホントの自分をわかってくれているのかと疑問に思っちゃったり、何となくたよりなかったりで、どうしても気が進まないのです。その点、妻子のある中年の男性の中には好きな人がたくさんいます。私のことを本当によく見ていてわかってくれるし、優しいし、私の欠点を叱ってくれるのです。私はそんな人に「奥さんと別れたり亡くなったら、私を嫁さんにして」と言っちゃって、自分でビックリしたりするのですが……。

〈回答〉あなたの心の奥底には、つぎの三つのいずれかがひそんでいるのではないでしょう一つは、父親に対する愛着です。幼いころ、お父さんにたいへんにかわいがられたか(あるいは離別したか)何かで、お父さんを慕う気持ちが潜在し、このため、結婚の相手に父親の似姿を無意識のうちに求めておいでになる、というケースです。自分をごまかさないで、しっかりと自己を凝視し、省察してください。自分自身を見直したら改めて結婚相手を探してみましょう。
「原因はこれだったのか」と、ハタと悟ると、おのずと男性を見る眼が変化してきますし、甘えた心やイージーな考えも消え、バイタリティがわいてきます。

参考: